リンク集のページへ サイトマップのページへ このサイトについてのページへ
 



space
活動(事業内容)



 
 工 房 atelier
ライン


ライン
アトリエ・BOOK・クンスト書物修復工房では、主に大学図書館所蔵の貴重書(西洋古版本)の修復を行っています。書物全体を歴史遺産として捉え、後世に残していくためには、何をすべきで、何をすべきでないか、を常に考慮しながら作業を行っています。こごの方針に関しては、所蔵館との綿密な協議の上決定し、詳細な記録を残すことを旨としています。

 特に従来から行われてきた書物の改装(古い表紙を取り去って、全く新しく製本しなおすこと)に対しては、業界への警告を行っています。IFLA( 国際図書館連盟 )の大原則に基いて、オリジナルを最大限に残す方法を用いています。

《修復前》
修復前

 

《修復後》

修復後

1755年 LUGDUNI(Lyon)

 

ライン




このページの先頭へ ▲ 
space Copyright(C) 2004 書物の歴史と保存修復に関する研究会.All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
当ホームページに掲載の文章・画像・写真等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
space space