リンク集のページへ サイトマップのページへ このサイトについてのページへ
 



space
事典



 
 製本形態 form
ライン
  製本形態の基礎 │ 大学図書館員のための西洋古典籍ミニ講座
ライン



大学図書館員のための西洋古典籍ミニ講座
ライン

第12回 <カール・マルクス 『資本論』第1巻 フランス語版>  (資料提供 松山大学図書館 )
(Karl Marx (1818-1883) Le capital, livre 1, Developpement de la production capitaliste ) 
担当 修復本科 井上直子 

表紙マーブル紙 花布 見返しマーブル紙 p.12の挿図 偽バンド 背パネル
画像をクリックすると拡大します

この本の形態的特徴

 まず、表紙の芯は厚紙、平にはマーブル紙 ( 画像@ ) が貼られ、背とコーネルが部分的に革装、丸背で、花布は編まれず貼られている ( 画像A ) 。表紙を開くと、見返しもマーブル紙 ( 画像B ) である。本文は機械漉きの紙にくっきりとした活字で印刷され、挿図も多い ( 画像C ) 。ページ付けは 351 p. まで表記されており、本の高さは約 28 cm。この本の中に、出版年及び版は明記されていない。

 本文紙はコード3本を支持体として綴じられている。本文紙と表紙は、綴じの支持体であるコードを表紙の厚紙に突き刺し、綴じ付けることで接合されている。背にコードが4本通っているように見えるが、実はこれは偽バンド ( 画像D ) で、背の飾りとして付けられているに過ぎず、本の接合に関しては構造的に無関係である。

 背革には上から2段目のパネルに著者名とタイトルが金箔押しされ、他のパネルにも金箔押しで模様が入れられている ( 画像E )。表紙の平にタイトルなどの表記無し。天地、小口に装飾無し。総合的に見て、19世紀後半のフランスの製本様式と言えるだろう。



フランス語版『資本論』について

 さて、カール・マルクスの主著『資本論』である。原著ドイツ語版の『資本論』( Das Kapital ) は、第1巻の出版が1867年、第2巻が1885年、第3巻が1894年である。書誌学者ウローエヴァ ( Анна Васильевна Уроева ) の『不滅の資本論』によれば、19世紀中に出版されたフランス語版『資本論』は第1巻のみであった。

 この版の翻訳者はジョセフ・ロア ( M.J. Roy )、出版者はモリス・ラシャトル ( Maurice Lachatre, 1814-1900 )、印刷所はラユール ( Typographie Lahure )。翻訳の校正はマルクス本人が担当し、そのためフランス語版は、底本のドイツ語第2版の草稿とは異なる内容及び構成を持つ『資本論』に仕上がることとなった。結果的にフランス語版『資本論』は『資本論』研究に欠かせない存在となっている。

 1872年9月に第1シリーズ ( 第1~第5分冊。1分冊が8ページなので、1シリーズは40ページ分となる ) が発行され、1875年11月に最後の第9シリーズ ( 第41~第44分冊 ) が発行されるまで、3年にわたり分冊刊行された。全分冊の発行完了後、『資本論』第1巻として1冊の仮綴じの形で出版されたものもある。これらがフランス語版『資本論』第1巻の初版で「ラシャトル版」と呼ばれる。「ラシャトル版」は10,000部出版された。

 ところが、フランス語版はこの「ラシャトル版」だけではない。ウローエヴァ女史によれば「ラシャトル版」完成10年後の1885年に、アンリ・オリョル ( Henri Oriol ) によって5,000部が密かに復刻されている。ラシャトル出版社の社員だったオリョルは、1880年代の初めにモリス・ラシャトルから会社を譲られた。オリョルは全力で『資本論』の宣伝を続け、『資本論』を更に広く普及させたいとの情熱から、著作権を侵害する危険を冒してまでも復刻版の出版に踏み切ったのだった。この復刻版の出版は完全に著作権違反であったが、フリードリッヒ・エンゲルス ( Friedrich Engels, 1820-1895 ) を含め他の誰もこの件を告発していない。( この時点でマルクスは既に亡くなっている。)

 つまり、フランス語版『資本論』には、1872年から1875年にかけて出版された「ラシャトル版」と、1885年に出版された「オリョル復刻版」の二種類が存在するということになるのである。しかし、このどちらの版の本にも、出版年及び版は明記されてはいない。



「ラシャトル版」か「オリョル復刻版」か ?

 ウローエヴァ女史の調査によると、「ラシャトル版」と「オリョル復刻版」には、細かな点でいくつかの相違があるという。では、今回紹介するこのフランス語版『資本論』がどちらの版であるかを検証してみよう。


「ラシャトル版」 「オリョル復刻版」 対照表

ラシャトル版 オリョル復刻版

松山大学
図書館所蔵本

ドイツ語版『資本論』
へのマルクスによる
序文の日付
1867 1875 1867 ( 画像F )
紙質・植字の質 優れている 劣っている 退色のない美しい紙
見やすい印刷
モリス・ラシャトルから
マルクスへの返信
( 画像G )
最終ページの整理番号 12403 12403 ( 画像H )
タイトルページの挿図 パンテオン パンテオンではない パンテオン( 画像I )
タイトルページの
出版社名
Lachatre Librairie du Progres Lachatre( 画像J )
印刷所名 Lahure Lahure 以外のいくつかの印刷所 Lahure ( 画像K )

 上記の結果から、松山大学図書館所蔵本は、まさしく初版「ラシャトル版」であると判断したい。



ライン
参考文献
  • ウローエヴァ(1975)『不滅の資本論』佐藤金三郎訳, 大月書店
  • マルクス, カール(1979)『フランス語版資本論 ; 上, 下』江夏美千穂, 上杉聡彦訳, 法政大学出版局(経済学古典選書;1-2)
参考URL
  • 久保誠二郎, 窪俊一, 大村泉 「東北大学附属図書館所蔵マルクス/エンゲルス貴重書閲覧システムについて」 東北大学附属図書館報『木這子』平成15年度 Vol. 28, No.2 2003 (通巻103号), 2003.9, p.1-13
    http://www.library.tohoku.ac.jp/kiboko/28-2/kbk28-2.pdf > (最終アクセス 2009年6月20日)

ライン

第11回 <19世紀の製本(仮製本)> 担当 修復本科 栗田衣里子



西洋古典籍ミニ講座/第11回/画像1


西洋古典籍ミニ講座/第11回/画像2

 


ライン



第10回 <18世紀の製本> 担当 修復本科 栗田衣里子
ライン


西洋古典籍ミニ講座/第10回/画像01


西洋古典籍ミニ講座/第10回/画像02
ライン
このページの先頭へ ▲ 





第9回 <18世紀のフランスとイギリスの製本> 担当 修復本科 栗田衣里子
ライン


西洋古典籍ミニ講座/第9回/画像01


西洋古典籍ミニ講座/第9回/画像02


ライン
このページの先頭へ ▲ 





第8回 <18世紀のフランスとイギリスの製本> 担当 修復本科 栗田衣里子  2007.7.19
ライン
西洋古典籍ミニ講座/第8回/画像01


西洋古典籍ミニ講座/第8回/画像02


西洋古典籍ミニ講座/第8回/画像03
ライン
このページの先頭へ ▲ 




第7回 <19世紀の製本> 担当 修復本科 栗田衣里子  2007.5.13
ライン


西洋古典籍ミニ講座/第7回/画像01


西洋古典籍ミニ講座/第7回/画像02
ライン
このページの先頭へ ▲ 




第6回 <17世紀の製本スタイル(3)> 担当 修復本科 栗田衣里子  2007.3.17
ライン



西洋古典籍ミニ講座/第6回/画像01



西洋古典籍ミニ講座/第6回/画像02


西洋古典籍ミニ講座/第6回/画像03
ライン
このページの先頭へ ▲ 




第5回 <17世紀の製本スタイル(2)> 担当 修復本科 栗田衣里子  2006.12.28
ライン


西洋古典籍ミニ講座/第5回/画像01


西洋古典籍ミニ講座/第5回/画像02
ライン
このページの先頭へ ▲ 




第4回 <17世紀の製本スタイル(1)> 担当 修復本科 栗田衣里子  2006.09.10
ライン

今回紹介する書籍はパーチメントで装丁されています。当時は革よりもパーチメントのほうが安価であったため、部数の多い書物に用いられていました。この装丁から部数が多く、どちらかといえば簡易製本であると考えられます。
この時代の表紙にはタイトルが書かれていないことが多くあります。また、パーチメントの特徴としてインクを吸わないということが挙げられます。そのため、パーチメントの装丁ではタイトルが表紙ではなく小口に書かれていることがあります。

西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像01 シングルコード

space  

西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像02 刊行年

この書籍は1646年に刊行されています。これまでに紹介したものとは違い、数字で表記されています。
space  
花切れ(1色)
この花切れの芯には白い革が使われており、綴じ糸と同じ糸で芯に巻きつけるように編まれています。
また、花切れの芯には装丁と同じパーチメントが使われていることもあります。

西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像04 花切れ2
花切れの芯は表紙に突き通されており、紙と結合しています。

西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像03 花切れ1

space  

西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像05 パーチメント1

パーチメントは乾燥すると縮んで硬くなるという性質を持っているため、割れたりのど()の部分が破れやすいのです。

西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像06 パーチメント2


パーチメントの装丁のものはこれまで紹介したようなボードではなく厚紙程度の薄い表紙の場合が多いです。
space  
     西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像07 図版 図 版
この書籍の図版は張り込みで本文部分とは異なる紙で印刷されています。
ページ数
上段の「127」は通しのページ数で、下段の「R」は見出しごとのページ数です。
西洋古典籍ミニ講座/第4回/画像08 ページ数
space  
〈資料〉カルディム 『日本殉教精華』1646年、ローマ.
CARDIM ( Antonio Francisco ) ,FASCICULUS E IAPPONICIS FLORIBUS
資料提供:(株)キクオ書店(http://www003.upp.so-net.ne.jp/kikuo/
ライン
このページの先頭へ ▲ 




第3回 <実際の18世紀スタイルの書物(2)> 担当 修復本科 栗田衣里子  2006.7.30
ライン


 今回は、前回と同じ18世紀スタイルの書物で花ぎれなどのタイプが違うものを紹介します。



西洋古典籍ミニ講座/第3回/画像01



西洋古典籍ミニ講座/第3回/画像02


 以上のように、花ぎれや見返しには様々なタイプのものがあり、製本技術の発達と共に機能的なものから装飾的なものへと変遷してきました。
 これらの種類などについても、今後紹介していきたいと思います。

ライン
このページの先頭へ ▲ 




第2回 <実際の18世紀スタイルの書物(1)> 担当 修復本科 栗田衣里子  2006.5.20
ライン



西洋古典籍ミニ講座/第2回/画像01



西洋古典籍ミニ講座/第2回/画像02



西洋古典籍ミニ講座/第2回/画像03



〈参考文献〉

・Richard J. Wolfe:Marbled Paper:Its History, Techniques, and Patterns, University of Pennsylvania Press, 1990.(ISBN:0-8122-8188-8)

・Jane Greenfield:ABC of Bookbinding:A Unique Glossary with over 700 Illustrations for Collectors and Librarians, Oak Knoll Books, 1998.(ISBN:1-884718-41-8)

・『紙の大百科』、美術出版社、2001.(ISBN:4-568-50227-6)

・貴田庄:『西洋の書物工房』、芳賀書房、2001.(ISBN:4-8261-0154-6)

・ブリュノ・ブラセル著、荒俣宏監修:『本の歴史』、創元社、1998.(ISBN:4-442-21140-4)


ライン
このページの先頭へ ▲ 



第1回 <18世紀スタイル製本の構造> 担当 修復本科 栗田衣里子  2006.4.15
ライン


西洋古典籍ミニ講座/第1回/画像01


西洋古典籍ミニ講座/第1回/画像02


ライン





このページの先頭へ ▲ 
space Copyright(C) 2004 書物の歴史と保存修復に関する研究会.All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
当ホームページに掲載の文章・画像・写真等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
 
  space